フレアCEOヒューゴ・フィリオンさんのAMA(7/29)まとめ

この記事では2021/7/29にredditで行われたAMAをまとめたものです。元記事はこちら

最初に、私が重要だと思った部分を簡単にまとめます。その後、全体の和訳を記します。

  • FTSO分散化のために一つのデータプロバイダーが獲得できる投票数に制限あり。→(私見)人気がありすぎるプロバイダーに投票すると、得られる報酬が減るか、そもそも投票できない場合が発生するかも。
  • ソングバードのエアドロップされるトークン$SGBを取引所で受け取るために、ソングバードプロジェクトとそれがもたらす有用性についてポジティブに考え、親切に(取引所に)お願いすることが本当に意味のあること。
  • S-アセット(ソングバード上のF-アセット)の報酬プールは予定されてないが、ガバナンスの対象になるかも。
  • フレアネットワークローンチの予定は、日にちとしては与えられない。ローンチはソングバード上のテスト後になる。
  • ソングバードがローンチされる頃には、おそらくBifrostウォレットでの利用法のガイドが公開される。
  • 今後XRPなどの保持者へのエアドロップを得たい場合、スナップショット前にFXRPをXRPに戻す必要がある。(ヒューゴさんの考えでは、)バランス的には、エアドロップに頼るよりも、DeFiのようなUtility用のトークンを使用する方が良い。

以下、全体の和訳です。

本日AMAを開催してくださったHP_Flareさん、ありがとうございました。AMAスレッドの全文はこちらでご覧いただけます。

なお、ヒューゴは今後も質問に答えていくとのことですので、上記リンク先のAMAスレッドにもご遠慮なく質問をお寄せください。このスレッドは、ヒューゴからの追加回答があれば更新されます。

1.) FlareCommunityさんの質問

Songbirdは明らかに今話題になっていますが、私はガバナンスについてもっと知りたいと思いました。私は、FLRの保有者が特定の提案を可決するための様々な閾値があることを知っています(FLR保有者の投票数やFLR保有者の賛成率など)。Songbirdネットワークでは、ガバナンスに関してFlareホワイトペーパーで定義されているような同様のしきい値を使用するのでしょうか?(例えば、FLR保有者の30%が投票し、50%以上が賛成することで単純多数決とするなど)

ヒューゴ ( HP_Flare )

SongbirdはFlareよりも限定的なガバナンスを持っています。具体的には、SongbirdはFlareトークン保有者によって可決されたガバナンスの変更が最初に実施される場所だからです。この意味で、$FLRトークンはSongbirdに対してガバナンスを発揮しています。

2.) FlareCommunityさんの質問

Flare Networkのデータプロバイダーは、FTSO / STSOが出力するデータの完全性を維持するために、ある程度分散化されていることが不可欠です。もし、あるデータプロバイダーが大量の票を集めた場合(FTSO / STSOの価格出力に重みを与えた場合)、そのペイアウトの成功により、さらに多くのFLRホルダーがそのデータプロバイダーに投票を委ねるようになり、プロセスが実質的に中央集権化されると思いますか?

Hugo ( HP_Flare )

一つのデータプロバイダーが獲得できる投票数の割合には上限があります。

3.) FlareCommunityさんの質問

Flareチームは、Flareネットワークに担保を提供したいエージェントのために、オープンソースソフトウェアをリリースする予定はありますか、それともエージェント自身が(データプロバイダーと同様に)構築する特注ソフトウェアになるのでしょうか?

Hugo ( HP_Flare )

予定はありませんし、お勧めもできません。成功した単一のソフトウェアによって強制または促進されるようなエージェントの単一モデルによる振舞いは、非常に多様な場合の振る舞いよりも堅牢性が低くなるでしょう。

4.) FlareCommunityさんの質問

最後に、FlareはFTSO/STSOのデータや結果を抽出するためのパブリックAPIをホストしているのでしょうか?例えば、データ提供者の投票数、成功率、FTSOの出力などです。このような統計をモニターできたら素晴らしいと思います!統計はデータプロバイダー自身が(個別に)提供してくれると思いますが、データプロバイダーの情報を集約した単一のエンドポイントがあれば非常に便利だと思い、質問させていただきました。

Hugo ( HP_Flare )

それについては、まだ決定していません。初期の段階ではそうするかもしれませんが、他の人にもそうしてもらいたいですし、各アプリケーションにもそうしてもらいたいと思っています。繰り返しになりますが、単一のプロバイダーよりも、幅広い多様なインフラプロバイダーによる方がより強固です。

5.) CryptoEriTokyaさんの質問

あなたの意見では、$SGBの配布に関して躊躇している取引所をサポート/参加に移行させるための最も効果的な方法は何ですか?

ヒューゴ ( HP_Flare )

取引所に名前を叫ぶのではなく、このプロジェクトとそれがもたらす有用性についてポジティブに考え、親切にお願いすることが本当に意味のあることだと思っています。すべての取引所は、Songbirdが人気があって堅牢であれば、いずれにせよトークンを受け取るでしょう(実際、彼らは自分たちの利益のためにトークンを売却することはないでしょう)。

6.) hmmokyeaさんの質問

BTCやBCHのようにローンチ時にサポートされるトークンは増えますか?それとも、将来的にサポートされるトークンはすべて、ガバナンスを通じて投票されなければならないのでしょうか?最大の暗号通貨であるBTCをローンチ時にサポートしないことについて、賛否両論や技術的な要件はありますか?

ヒューゴ ( HP_Flare )

ローンチ前にこれ以上の統合を行うためのチームの余力はありません。残りはガバナンスを通じて行うことになります。Bitcoinに関しては、もちろんいつかは統合したいと思っていますし、そうするようにガバナンスが投票すれば、おそらく勝利すると思います。

7.) thecoolestnerd3000さんの質問

IOUを購入したとしても、SBGトークンを自己管理用のウォレットに移動させて手に入れることはできるのでしょうか?

ヒューゴ ( HP_Flare )

残念ながら無理です。SGBトークンは、12.12.20にXRP Ledgerを介して配布に登録した人に送られます。

thecoolestnerd3000

Hugoさん、ありがとうございます。しかし、私たちはその購入したIOUによって得られるDFLRで、時期が来ればYFLRを請求することができますよね?

ヒューゴ ( HP_Flare )

YFLRはフレアファイナンスなので100%ではありませんが、IOUが実際の$FLRに変換されるので、YFLRのスナップショットが取られるときには$FLRを保有していることになります。

8.) kuu_coさんの質問

不幸にもSGBを配布していない取引所経由でエアドロップを請求してしまった人は、何らかの代替手段があるのでしょうか、それとも完全に運が悪いのでしょうか?

Hugo ( HP_Flare )

そうではありません。しかし、あなたの取引所はトークンを持っていて、いつでも配布することができるでしょう。

9.) Fantastic_Variety647さんの質問

songbirdのS-asssetsへの一般的なリワードプールはありますか?

ヒューゴ ( HP_Flare )

現在予定されているものはありません。Songbirdのガバナンスの対象となる可能性があります。

10.) marcol1さんの質問

Songbirdにはテストネットはありますか?

Hugo ( HP_Flare )

SongbirdとFlareのための一般的なテストネットがあるでしょう。

11.) 質問者:Accomplish98

なぜ、フレアトークンを100%配布しないのですか?なぜなら、その3年の期間が終わる前に、いくつかの取引所が閉鎖する確率が高いからです。

ヒューゴ ( HP_Flare )

暗号市場、トレーダー、取引所などから寄せられたフィードバックによると、何ヶ月もかけて配布するという計画は非常に理にかなっているとのことです。初日に大量の流動性を供給しても、長期的には良い結果は得られませんし、既存の分配計画に組み込まれている参加インセンティブ(FTSO、F-Assets、流動性の吸収)も得られません。確かに、期間中に破綻する取引所もあるでしょう。そうですね、失敗する取引所も出てくるでしょう。これは悲しいことですが、個々のトークン保有者よりも、ネットワークの健全性とエコシステムの成長の方が重要です。さらに、長めの分配の計画はスナップショットの前に知られていました。もし人々がそれを心配していたならば、自分のトークンを取引所から取り除くことができたでしょう。

12.) BlessN0Stressさんの質問

FLRホルダーはどこで、どのようにして自分のトークンをWFLRに変更するのでしょうか?

ヒューゴ ( HP_Flare )

これはFlareのスマートコントラクトで行われます。良いウォレットはウォレットアプリで直接これを可能にします。

13.) thecoolestnerd3000さんの質問

Propyのアイデアをもっと詳しく説明してもらえませんか?その能力を不動産に活用することが可能になるのでしょうか?

ヒューゴ ( HP_Flare )

これはPropyへの質問です。

14.) LOSFan4さんの質問

自分でxrpを保管している人のために、ウォレットをセットアップしてスパークトークンを手に入れる方法の説明/チュートリアルはいつ頃期待できますか?ありがとうございます。

ヒューゴ ( HP_Flare )

ウォレットの設定に関しては、一般的にこれらのガイドを公開することになるでしょう。彼らが良いコンテンツを作れるように、FTSOやF-Assetのシステムを理解する手助けをするつもりです。Flare(とSongbird)をサポートしているすべてのウォレットは、良いガイドを持っているはずですが、Bifrostは私たちが密接に協力しているので、コンテンツのリーダーになるでしょう。しかし、D’centはFlareの一側面を説明する素晴らしい仕事をしていますし、Ledgerとの関係も非常に良好です。Songbirdがローンチされる頃には、何か良いコンテンツがあることを期待しています。

15.) Cryptologist96さんの質問

dApps(分散型アプリ)がflareでローンチする前にSongbirdでローンチすることは必須ですか?

Hugo ( HP_Flare )

いいえ、何も義務化されていませんが(それでは中央集権になってしまいます)、Songbirdでのテストは推奨されており、dAppsが信頼を築くための素晴らしい方法であると思われます。

16.) Emergency_Belt_3565さんの質問

SongbirdでテストされているdAppsのおかげで、FlareNetworksの立ち上げ後、すぐにF-Asset Systemsをローンチできる安心感が得られますか?

Hugo ( HP_Flare )

簡単な答え – イエス!

17.) Emergency_Belt_3565さんの質問

FlareNetworkがGalaGamesの- Citadel of the Moon (Mirandus)を購入するメリットは何ですか?

ヒューゴ ( HP_Flare ) さんの質問

Mirandusは素晴らしいものになりそうですし、私たちはGalaのビジョンを本当に支持しています。資産の表現と所有権(たとえそれが仮想資産であっても)は、ブロックチェーンが提供するものの中で重要かつ革命的な部分であると考えています。Galaは現在ERC-20ですが、今後はEthereum上でGalaトークンを燃やしてFlare上で再鋳造できるように取り組んでいくと理解しています。これは特に、GalaのNFTをFlareで保有している人にとっては便利なことでしょう。

18.) Emergency_Belt_3565さんの質問

888 NFT Marketplaceについての個人的な意見ですが、革命的なものになると思いますか?

Hugo ( HP_Flare )

完全に! 私は888とそこのチームをよく知っています。彼らは純粋にコミュニティのために良いことをしたいと思っていて、誰よりも努力していますし、重要なのはこの世界の多くの最高のアーティストのサポートを受けていることです。

19.) Emergency_Belt_3565さんの質問

FlareNetworkの立ち上げは、9月下旬の最終的なセキュリティ監査後を予定していますか?10月末は期待していい打ち上げ目標でしょうか?

ヒューゴ ( HP_Flare )

もう日にちについては言いません! (すみません) Flareは、Songbird上でFlareコアプロトコルの合理的なテストを行った後に立ち上げる予定です。

20.) Emergency_Belt_3565さんの質問

FlareNetworkは今までに多くの素晴らしいパートナーシップを発表してきました。他にも発表されていないパートナーシップはありますか?NDAの可能性もありますが?

Hugo ( HP_Flare )

残りの質問は推測の域を出ず、私には答えられません。具体的な答えはありません。

21.) Electrical-Rough-313さんの質問

こんにちは、Hugoさん。スパーク(FLR)の投票がFTSOに委ねられた後、残った「スパーク」トークンは、より速いシステムに賭けることができますが、それは正しいでしょうか? 報酬はどのようなものでしょうか?

ヒューゴ ( HP_Flare )

SongbirdではSTSOのリワードはSGBに、FlareではFLRにあります。

22.) 質問者: DangerousDavey

こんにちは、Hugoさん、XRPコミュニティのみんなを代表して言いたいのですが、あなたはこのスペースでとても協力的で、多くの人よりも協力的です。あなたはいつも時間を割いて、たとえ同じような質問であっても、些細な質問にも答えてくれますよね😅。

ヒューゴ ( u/HP_Flare )

私たちは、あなた方に実用性をもたらすことを前提として、私たちとの関わりを求めました。私たちにできることは、質問に答えようとすることくらいです。

23.) reed5point0さんの質問

このAMAが7月下旬に予定されていることは知っていますが、今期はこのAMAが締め切りに間に合わないのではないかと想像しています。

恐れ入りますが、私たちはこのAMAのカナリアテストネットをもうすぐ同時に立ち上げ、エアドロップします。

ヒューゴ ( HP_Flare )

これはとても面白いですね。

reed5point0

yeaaaaaaay hugo! あなたがジョークに耐えられることがわかったので、私はSPARKをもう少し待つことができます。

Hugo ( HP_Flare )

😉

24.) Crypto-2010の質問

エアドロップの方がいいんじゃない?

Hugo ( HP_Flare )

私ほどFlareのローンチを切望している人はいないでしょう。しかし、私たちは分別を持って、もっとテストしなければなりません。

25.) 質問者:xrp_reddit_guy

絶えずゴールポストを移動させているあなた方からFLRや他のコインを得られるとなぜ信じられるのでしょうか?

ヒューゴ ( HP_Flare )

信じる必要はありませんが、FlareとSongbirdが稼働したときに配布されます。

26.) 質問者: Cryptologist96

他のブロックチェーンと比較して、フレアの取引ごとの(温室効果ガス)排出量のデータはありますか?

ヒューゴ ( HP_Flare )

つまり、この世代のブロックチェーンPoS/FBA/Ripple/Flareの排出量は、大まかに似たようなもので、POWよりもはるかに低いです。

27.) 質問者:cascading_disruption

Songbirdとメインネットの説明、それぞれのネットでのトークンの違いと分配について説明してください。

Hugo ( HP_Flare )

SongbirdとFlareはどちらも同じコンセンサス・アルゴリズムを使用します。アルゴリズムはFederated Byzantine Agreementという形式を採用しています。ユニークノードリストは、基盤となるチェーン(XRPL、XLM、Litecoin、Dogeなど)のイベントに関する状態証明をFlareに提供するバリデータから形成されます。これを行うのに最適なバリデータは、そのチェーンのバリデータ/マイナーです。ネットワーク上の各ノードはUNLから20%乖離することができます(つまり、2つのノードは合計で40%乖離することができる)。UNLの大きさは任意です。検証者は状態証明を提供することで報酬を得ることができる。状態証明についての詳細はこちら: https://docs.flare.network/en/state-connector

Songbirdは、Flareのカナリアネットワークです。最初に立ち上げられ、ライブ環境でFlareのコアプロトコルをテストするために使用され、何らかの価値があると思われます。Ftso(SongbirdではSTSO)が導入され、次にF-Asset(S-Asset)プロトコルが導入されます。テストされた後、フレアが開始されます。情報はこちらでご覧いただけます:

https://flare.xyz/introducing-songbird/

28.) 質問者:Cryptologist96

Sparklesについてどう思われますか?

Hugo ( u/HP_Flare )

NFTプロジェクト?大好きです。

実はSparklesの開発者と話す時間がなかったのですが、近いうちに話して、どうやってサポートするか考えたいと思っています。

29.) LOSFan4さんの質問

xrpを自己保管している人のために、ウォレットをセットアップしてスパークトークンを手に入れる方法の説明書/チュートリアルはいつ期待できますか?ありがとうございます。

ヒューゴ ( HP_Flare )

https://docs.flare.network/en/tutorials/wallets/how-to-access-flare-network-with-a-ledger-device

30.) FlareSparklerによる質問

こんにちは、Hugo、これをやってくれてありがとう!

簡単に質問します。F-アセットの保有者は、元の資産の将来のエアドロップに参加できるのでしょうか?

質問の全体像: エアドロップは、フレアネットワーク(XRPスナップショット、SGBエアドロップ)やフレアファイナンス(今後のDFLRスナップショットと配布)の開発において重要な役割を果たしています。将来を予測することは難しいですが、フレアネットワーク(およびフレアファイナンス)の構造上、資産がF資産に鋳造された場合、将来のエアドロップを請求できるメカニズムはどのように存在するのでしょうか?

例えば、最近発表されたEvernodeのエアドロップがありますが、これはFLRと同様のXRPスナップショットを使用することが提案されています。日付は未定ですが、もしXRP > FXRPを鋳造した場合、基礎となるXRP資産を保有していなければ、エアドロップされたトークンを請求する方法はありますか?

理論的には、スナップショットが間近に迫っている場合、f-assetsの瞬時の出入りが起こるか、またはf-assetsを鋳造することを躊躇する可能性があります。

同様の疑問は、例えば、DOGE、LTC、XLMが独自の未来のエアドロップを持っている場合にも生じるでしょう。

ヒューゴ ( HP_Flare )

いいえ、基礎となるF-Assetのエアドロップを取得する方法はありません。良い点は、通常、スナップショットの日付の前に非常に長い警告期間があることです。

バランス的には、エアドロップに頼るよりも、DeFiのようなUtility用のトークンを使用する方が良いでしょう。

31.) HP_Flareさんの質問

他にFlareと統合してほしいネットワークとその理由を教えてください。

クリプトロジスト96

私はCardanoとその機能を気に入っています。すべてがよく考えられていて、いつかは新しいスマートコントラクト言語を使った新しいアプローチになると思います。

ヒューゴ ( HP_Flare )

同意します – Cardanoは間違いなく、統合のためのガバナンス投票の対象になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA