Spark(FLR)を集める理由2

フレアネットワークのネイティブ(基本)トークンであるFLR。

なぜFLRを集めるのか? 4つの理由があります。

  1. フレアネットワーク が全てのデジタル資産を呼び込むインセンティブを提供していること。
  2. フレアネットワークが現実問題の解決に焦点を当てていること。
  3. フレアネットワーク自体にFLRを増やす仕組みが組み込まれていること。
  4. フレアネットワーク自体にFLRの価格が上がる仕組みが組み込まれていること。

この記事では2.について解説します。

フレアネットワーク のCEOであるヒューゴ・フィリオンさんは、以前は商品先物取引のようなコモディティ・デリバティブの分析、そして運用を仕事をしていました。つまり、金融のプロでした。

そのように、実世界の金融を熟知したフィリオンさんが2人の仲間と共に、既存のブロックチェーンネットワークの問題を解決するために、4年間かけて作り出したものが、フレアネットワーク です。

フレアネットワーク では、FLRトークンを担保として、他の世界の価値をネットワーク内にFアセットとして持ち込み、安全・高速・低コストで取引することが可能になります。手始めはXRP, LTC, XLM,DOGEの4種の暗号資産ですが、将来的には金、不動産、証券など、一旦トークン化された価値は原理的には全て、フレアネットワーク 内にトラストレス(安全)に持ち込むことが可能です。

例えば下の動画では、実際の土地をトークン化して、登録するアイディアについてフィリオンさんが語っています。

この動画の内容は難しいかもしれませんが、今後フレアネットワーク が目指していく方向が、「現実問題の解決」として、フィリオンさん自身によって語られていますので、できれば全体を観ることをおすすめします。

また、リップル社の投資部門はフレアネットワーク に初期から投資してますが、リップル社CTOのデイビッド・シュワルツさんも、フレアネットワーク に関して、下記の発言をしています。

フレアネットワーク のパートナーに関しても、例えば分散型金融サービスのフレアファイナンスにしても、分散型銀行のプロビティにしても、金融の実際の問題を解決を目指していることが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA