Spark(FLR)・SGBを集める理由3

フレアネットワークのネイティブ(基本)トークンであるFLRと、そのカナリアネットのネイティブトークンSGB。なぜFLR/SGBを集めるのか? 4つの理由があります。以下、FLRで解説していますが、SGBもほぼ同様です。フレアネットワークをソングバードネットワーク、FLRをSGBに、適宜読み替えて下さい。

  1. フレアネットワーク が全てのデジタル資産を呼び込むインセンティブを提供していること。
  2. フレアネットワークが現実問題の解決に焦点を当てていること。
  3. フレアネットワーク自体にFLRを増やす仕組みが組み込まれていること。
  4. フレアネットワーク自体FLRの価格が上がる仕組みが組み込まれていること。

この記事では3.について解説します。

FLRは世界中100以上の取引所で、2022年の夏頃に配布される予定(SGBは配布済みです)になっています。もし価格が上がるようなら、さらに多くの取引所で上場されるでしょう。他のブロックチェーンネットワークと異なり、フレアネットワーク自体に、1FLR以上所持している利用者がノーリスクでFLRを増やせる仕組みが組み込まれています。どうやって増やすかと言いますと、FLR/XRPの価格などをネットワークに提供するシグナルプロバイダに投票することで増やします。これをFTSO投票と言います。

もし、あなたが投票したシグナルプロバイダが正しい価格情報を提供した場合、あなたはFLRで報酬を受け取ることができます。SGBの実績ですと、第1週目の年利(APR)は200%ほどでしたが、FLRの場合、供給量がSGBの6.6倍なので、1週目の年利は、より高くなると推測されます。

投票の方法はあやママさんがブログでわかりやすく解説してくださっています。2022年春現在、SGBは上位のプロバイダに投票した場合、およそ年利35%程度です。こちらのサイトでより詳しい情報が見られます。

FLRが素晴らしいのは、この投票によって報酬を得ながら、FLRを他の用途にも使えることです。他の資産、例えばXRPをフレアネットワークに持ち込むための担保として使って、XRPを得たり、フレアファイナンスで運用して金利を得たりできます。

FTSO投票の報酬は、最初は毎日約2700万FLRでだんだん減っていきますので、初日からネットワークへ参加すると、FLRを多く増やすのに最も有利になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA