Spark(FLR)を集める理由4

フレアネットワークのネイティブ(基本)トークンであるFLR。

なぜFLRを集めるのか? 4つの理由があります。

  1. フレアネットワーク が全てのデジタル資産を呼び込むインセンティブを提供していること。
  2. フレアネットワークが現実問題の解決に焦点を当てていること。
  3. フレアネットワーク自体にFLRを増やす仕組みが組み込まれていること。
  4. フレアネットワーク自体にFLRの価格が上がる仕組みが組み込まれていること。

この記事では4.について解説します。

人気のアーティストのコンサートチケットや、発売されたばかりの人気のゲーム機。それらが定価よりもかなり高い価格で取引されているのを見たことがある方も多いと思います。このように、あるものを求める人が多く、出回る量が少ないと、そのものの価格は上がります。

FLRが欲しい。そしてそのFLRを売らずに持っていたい。そのように人に思わせるのはどのような仕組みなのでしょうか。

フレアネットワークが手始めに招き入れたい人たちは、XRP, LTC, DOGE, XLMの所有者です。これらの資産は金のように、基本的には持っているだけで増えていくわけではありません。そこで、所有者たちは資産の値上がりを期待して、XRPなどをただ持ち続けています。Spark(FLR)を集める理由1で説明したように、上記の資産をFアセットに変換してフレアネットワーク に持ち込むだけで、毎日FLRで報酬が得られるようになります。もし将来、例えばLTCの価格が目標価格に達したら、フレアネットワーク上で、FLTCを売ることもできるし、またフレアネットワーク から好きな時に出て、LTCを売ることもできます。フレアネットワーク 上ではFLTCの価格はLTCの価格と同じです。

価格の上下を毎日気にして、ただ資産を保持しているのと、資産をフレアネットワーク に持ってきて、寝ているだけで、ノーリスクで、価格上昇が期待できるFLRを毎日もらえるのとではどちらが良いでしょうか? ほとんどの人が自分の資産の、少なくとも一部をFアセットに変えたいと思うのではないかと見ています。

もし、FLRを毎日もらったとして、そのFLRをどうして売りたいと思わないのでしょうか。

それは、Spark(FLR)を集める理由3で説明したように、フレアネットワーク にFLRを複利で増やすための仕組みが組み込まれているからです。FTSOに投票することで、ノーリスクでFLRを複利で増やしていくことができます。特にネットワーク稼働初期には日利1%程度という非常に高い利率が見込まれています。

さらに、FTSO投票をしたまま、FLRをFアセットを生成するための担保として預けることによって、報酬を得ることができます。具体的な報酬額は未だ不明ですが、例えばFLTCを生成するための担保として1000FLR預けたとしたら、10〜18FLR程度の価値のLTCを得られるのではないでしょうか。

それに加えて、フレアネットワーク 上には魅力的なアプリケーションがあり、FLRホルダーに対してエアドロップが行われることが期待されます。例えばフレアファイナンスでは、フレアネットワーク稼働30日後に所有されているFLRの数に基づいて、エアドロップを行うことを発表しています。

これらのことを知る人が増えれば、ますますFLRを欲しがる人が増え、ますますフレアネットワーク に資産が入り、それらの資産の担保となるFLRの価値は高まり、価値が高まってゆくFLRを複利で増やすことができるので、人々はFLRを売らない、という循環が生まれます。

私たちは今、その先頭にいるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA